1974年創設以来続けられている自主制作映画の作品紹介です。
いわゆる「本作品」と呼ばれている作品のみ掲載しました。
各作品の関係者の方がいましたら制作時のお話、コメント文などをおよせください。
また、抜け落ちている作品がありましたらご連絡ください。
なお、キャスト・スタッフの名前は関係者の許可をとっていないので控えさせていただきます。

1975 1980 1990 2000
1976 1981 1991 2001
1977 1982 1992 2002
1978 1983 1993
1979 1984 1994
1985 1995
1986 1996
1987 1997
1988 1998
1989 1999

1975年

 『遠い夏

 大通り公園で男と女が向かい合っている。どうやら別れ話らしい。男は女に平手打ちを喰らい、女はそこから走り去っていく。過ぎ去った夏の楽しかったデートの思い出を彼女の回想でストーリーが進められていく。ムーディーな音楽と美しい映像が印象的な、北海学園大学映画研究会初作品。
(上映時間17分)


1976年

旅に出よう

 人ごみにあふれた現代社会に嫌気がさしたある青年が、街中で見かけた旅行の広告から一人で旅に出ることを思いつく。そして、リュックサック一つに食料を詰め、山の中でのテントの生活が始まる。人からの干渉もなく自由な毎日が続くが、7日が過ぎると食料も尽き、「やっぱり俺はあの社会では生きられないのか。一人では何も出来ないのか」と悟り、山を下りる。会話はなく、音楽がうまく自然と調和している作品
(上映時間19分)


1977年

無関係な死

 ある日、主人公が家に帰ってみると、自分の部屋の中に見ず知らずの大男の死体があった。確かに鍵をかけてあったのだが・・・。やむを得ず、その後始末にあれこれとやってみるのだが、ついに途方にくれてしまう。さて、誰がこの男を殺したのか・・・?!
(上映時間16分)


1978年

ALL DAY

 大学生活とは何か?このテーマに沿って、現に自分たちがしていること(麻雀など)と一般市民に対するインタビューを織り交ぜて描いた作品。
(上映時間20分)


1979年

空蝉

 ある男が突如として自分の願望どおりに変身できる能力が身についてしまった。犬、女、ハト、花、インベーダーそしてついには、風となって消えてしまった。人間の変身願望を映像のマジックを巧妙に使って描いた見事な作品。
(上映時間21分)



Freak

 ある青年が公園のベンチで横たわっている。手には拳銃を握り締めている。この男、ただならぬ男で、モデルガンを改造し、それをもって街に出ては女子高生などにその銃を向けて楽しんだ。ある夜、ストリートガールにからまれ、誤って発砲してしまい自分の命を落としてしまった。
(上映時間26分)


1981年

一日の終りに

 あの悪い夢を見てからキヨシの中で何かが変わりつつあった。あの時、あの声さえしなければ・・・。「あなたの命は今日限り」キヨシと陽子の死体が折り重なる中、12時の時報が鳴った。
(上映時間23分)



海へ・・・・
 若い男と女が二人きりで公園を歩いている。どうやら二人は恋人同士らしいのだが、どうも男の方は楽しそうではない。実はこの男、最愛の彼女と死別しており、未だにその彼女のことを忘れられないのである。思いがつのった男はその彼女との思い出の海へ行き、あの世で彼女と結ばれる。砂浜に残された二人の写真が印象的なラブ・ストーリー。
(上映時間24分)


1982年

ENDLESS

 ヒロシがナオミにふられた日、すべてが始まった。その日の夜、酒を飲んでヒロシが寝入った後、時間が戻り、ヒロシは一年前に戻ってしまった。同じ時代に同じ人間はいらない。ヒロシは一年前の自分を殺し、ナオミにプロポーズした。そして二人が結婚式を挙げようとした瞬間、ナオミの前からヒロシは姿を消した。
(上映時間35分)



暗裏魅徹怒

 ある男が恋人とのけんかでかっとなり、殺してしまう。そして、その女の死体の始末のために、友人を集め、人気のないところに埋めようとしたが、些細なことから、殺した男とその友人も殺されてしまう。それで、それらの死体を埋めてほっとしたのも束の間で、帰りに女の子を車でひいてしまい、また、その女を埋めに行くという淡々としながら次々と人が死んでいくというブラックユーモアが実に生かされた作品。
(上映時間23分)


1983年

あさましの世

 人気のない夜の校内、真寿美は朗子が忘れ物を取って来るのを待っている。とその時、ガシャと音が。走っていく真寿美の前に朗子の手が横たわっている。駆け寄る真寿美に男の手が・・・。翌日、昨日の夢のことなど忘れ、真寿美と朗子は街へ。すれちがっていく人の中に一人、二人の姿を見ている男。
 夜、無気味な電話が鳴り、夢のシーンが現実の中で繰り広げられていく。一体誰が、どうして?人間の深層心理にある恐怖を鋭く描いた力作である。
(上映時間28分)



おしうりがやってきた HI!HI!HI!

 貧乏学生信之助のアパートに、研究費を稼ぐために物理学者が押し売りにやってきた。その学生は押し売りのあまりのしつこさに「ガールフレンドスグデキール」という薬を買わされる。これはその名のとおり材料を入れて3分間待つと可愛い女の子が出来るという代物らしい。その夜、彼は酒を飲みながら、半信半疑で試してみる。すると何と!目の前に煙と共に女の子が登場。それからというもの彼女との楽しいデートの日々が続くが、それは夢であった。目を覚ました彼はガックリと肩を落としタバコを吸っているとドアにノックの音が・・・。「ハーイ僕おしうりでーす!」。本格的コメディーの分野に初めて挑戦した作品。
(上映時間25分)


1984年

四月怪談

 目が覚めた時、陽子は不思議な世界にいた。そう、陽子は交通事故で死んだのだ。そこには菊千代がいた。二人の心の交流、陽子の姿は母親には見えなかった。愛する人にしか姿は見えないのだ。愛する人がいれば生き返られる。洋子と菊千代を通して「愛」をテーマに描いた、ほのぼのとした作品。
(上映時間22分)



DEJAVU
 ある日、主人公の俊は夢の中で不思議な男女に出会い、「七日間、女の子を預かってくれ」と頼まれる。安易に引き受けた俊の前に女の子が、でもそれは俊の身体を借りての同居、二人の七日間は周囲のものを巻き込んで進展していく。女の子が去った後、俊は何かを失ったのに気付いた。時は流れ、ある日俊は街で一人の女性に出会う・・・。映研初の長編映画。
(上映時間40分)


1985年

近頃サイレンがうるさいのです』

紹介文考案中


やさしく忘れないで

紹介文考案中


1986年

昨日目のくらむような天国で

紹介文考案中


欲望のはて

紹介文考案中


The six days

紹介文考案中


1987年

僕らのアイドル

大学の三人仲間、ナムコ、ジーパン、ブルース。彼らのアイドル的存在の美奈代には超能力がある。この超能力のため、美奈代は悪人に捕らえられてしまう。僕らのアイドルを救うため、三人は美奈代が捕われているビルへと潜入するが・・・。




Desperate Runaway

 大都会に潜む麻薬組織を壊滅せんと捜査を続ける二人の刑事。その後刑事の一人は弟に謎の鍵を残したまま殺されてしまう。そして弟にも麻薬組織の魔の手が・・・。映研史上最高の刑事アクション。どこで上映しても通用する秀作。


1988年

どうなるってものじゃない

 ある浮浪者グループが大金を拾う。その大金を手に今まで自分が置かれた世界とは正反対の世界でさらなる成功を求めた男のたどり着く先は・・・。




ジュテーム

 通常の恋愛を超え、禁断の愛の世界に足を踏み入れてしまった男の物語。ある一線を超えてしまった者はどうなるのだろうか。


1989年

ボンジュール大ちゃん

 北海学園大学合格を目指す松野。しかし結果は不合格。ライバル和田に敗北を期してしまう。松野はグレてヤンキーの道へ、カツアゲ、万引き、オナニー、そして靴下のとりことなってしまう。恩師田中先生との再会でカタギの道へ戻る事を決意した彼は、ヤンキーとの麻雀対決で仲間を抜けようとする。札映連でも未だに語りぐさにされている。異色コメディー作品。8mm最期の作品。


1990年

美しき強者

 文協ソフトボール大会において輝かしい栄光を手にしてきた映画研究会。しかし今やその栄光も地に落ち、映研は廃部寸前にまで追い込まれる。映研の危機を救うため、一人の男、神前功がソフトボール大会優勝に向けて立ち上がる!!ビデオ初作品。


 1991年

青空

 アキラが目覚めた時、世界はいつもと違っていた。時を同じくして恋人サキの姿もなかった。盗まれた青空を探すべく走り回るアキラ。青空はどこにあるのか?そんな中、ひょっこり戻ってきたサキ。アキラは青空を取り戻すことが出来るのか?



ボーイフレンド

紹介文考案中

1992年

POWDER ROAD 〜外道の群れ〜

 コロンビアのコカイン密輸組織フジヤマを壊滅させるべく、FBIより送り込まれたASIAN・ATT−ACKERS。敵本拠ビルで壮絶な戦いが繰り広げられる。狂気、悲鳴、殺意、線血が渦巻く中、トーマス・A・ヒラタとドン・カルロス・ノザワの最後の闘いが始まろうとしている。本格派バイオレンス・アクション秀大作。




いつも手紙をありがとう

 陽子のもとへ届いた一通の手紙。その中にはただ一言、「ぼくはあなたがすきだった」その後も陽子のもとへ届く手紙。その内容は、陽子の行動を全て知り尽くしているかのようなものばかりだった。そしてある日、「きみのことおそってしまいそうだ」と書かれた手紙が。

札映連上映会準グランプリ受賞作。


これ以降は資料がないため、管理人の知る限りの情報です。


1994年

彼女の恋人

 構想一年、撮影三ヶ月を経て完成した本作品は映研史上でも傑作といわれている。二組のカップルの平穏な毎日を知らずのうちに壊してしまう主人公。

94年春のシネポリ 最優秀作品賞 最優秀主演女優賞受賞



パウダーロードリターンズ


前作のパウダーロードの続編ではなく、クスリと金をめぐって裏切り連続で、出演者ほとんど死亡というしろもの。現在訳あって封印。

94年冬のシネポリ 準グランプリ受賞
(第18代根津さんからの情報です。ありがとうございました)


1995年

幸せの貯金

紹介文考案中


狼野郎ケン

現在でも部室で日常的に話題となる異色バイオレンス・アクションの秀作。役者の怪演が光る。映研内で一番知名度のある作品?「お前ら人間じゃねー!」

1996年


Love passed by...

紹介文考案中


1998年

紹介文考案中

98年夏のシネポリ 準グランプリ受賞




Cafe:on the night

紹介文考案中

98年冬のシネポリ グランプリ 脚本賞受賞
99年夕張国際ファンタスティック映画祭協賛企画
    第1回JCF学生映画祭 準グランプリ受賞




R.I.P

紹介文考案中

98年冬のシネポリ 特別賞受賞


1999年

Chapter1,Chapter2

 男Aはかつての恋人との思い出の公園にいた。よみがえる楽しい日々の思い出。彼女はもうこの世にはいない。男Aは去る。

 男Bは男Cを脅し、男Aの殺害を依頼する。川岸で待ち合わせた男Cは男Aを殺す。おびえるように走り建物の陰に隠れる男C。男Cの罪の意識が男Bへの憎悪に変化しする。男Cは待ち合わせ場所へ向かうが・・・。台詞を排除し映像と音楽による表現。当時の4年生より原案を受け継いだ新入生が上級生の協力を得ながら作り上げた作品。

99年夏のシネポリ グランプリ受賞。




NO REMORSE

ネガティブな感情を激しい音楽に乗せた、感覚で観る作品。制作者の陰鬱で悪趣味なおどろおどろワールド。

99年夏のシネポリ 特別賞受賞




Chapter3 〜3 years later〜』

3年後・・・。あの男は暗躍していた・・・。殺し屋はあるときを境に同じ女性が夢に出てくるようになった・・・。謎は深まっていく・・・。

99年冬のシネポリ 準グランプリ 脚本賞受賞




はち蜜リンゴ味

SuperAdviser 本間隆司(仮名)、音響 田村君(新人)
この配役はフィクションでし。
封印作品。


2000年

牧野の異常な体験

 牧野はゼミの友人原田に呼び出される。原田は異常な怯えようでトイレに隠れていた。仕方なく家に連れて行き事情を聞く牧野。武田という男に追われているらしい。牧野が買い物から帰ってくると室内で原田が死んでいる。牧野は外へ逃げようとするが風呂場に隠れていた武田につかまり拷問を受ける。

2000年夏のシネポリ 助演賞受賞




青春哀歌 seisyun elegy

 大学生になってもカツアゲをしたりで、昔の生活が抜けきれない徹也。そんな徹也に親友の浩人は人生の意味を問いただす。「愛があれば幸せ」と言う徹也。翌日、徹也の彼女、梨絵は偶然徹也とマーシー(梨絵の後輩)の会話を聞いてしまう。「あの女は飽きたよ、お前にやる。就職の悩みばかり相談されてウザい」と言う徹也。梨絵は泣きながら走り出す。寂しげに教室の窓から外を眺める梨絵。徹也はその頃カツアゲをしていたが、相手に後ろから刺され倒れる。助けを求め、徹也は梨絵に電話するが力尽きる。梨絵の電話の着信音が教室中に響き渡るが梨絵はいない。窓が開いたまま・・・。現代の若者の気質の一部を抽出して描いた物語。




LOST! In my head...

それでも生きていかざるを得ない・・・

2001年

おまけの一日

 夜道を歩いていた男が車に引かれて死んだ。かわいそうに思った神様が一日だけという条件で男を生き返らせる。男は家で彼女と過ごすがテレビを見ているばかりで、夕方までが期限なのに無気力な男の姿に女は泣いてしまう。男がしたかったことというのは夕日を見ること。男と女は建物の屋上から沈む夕日を見る。



smell smell smell

 土砂降りの雨の中、スーツ姿の男が喫茶店に入る。店には精神障害者と奇声を発する汚らしく足の悪い店主がいた。メニューには変なものしかなく、唯一まともなチーズケーキを男は頼むが、出て来たのは悪臭のする異物。耐え切れなくなった男のとった行動とは・・・。異色コメディ。



MISERY

 男は彼女を自殺に追い込んだ男に復讐するため、その男の妹を仲間二人と拉致し、暗い駐車場へ連れ込む。女を犯して撮影したビデオを憎き男に送りつけるという計画。しかし罪悪感の発生した男は仲間割れをし、仲間と対決する。アクション映画。



K a e d e

 秋村楓は両親を心底嫌う札幌で一人暮らしの大学生。とある書類を書いていたが、本籍が分からないため兄に電話する。本籍は夕張市楓。楓はナンセンスな先輩、北浦修一と夕張へドライブ。観光を楽しんだ後、楓は楓駅を見つける。駅舎で地元の青年に会い、身元を偽って過去の自分の事を聞きだす。楓は2歳までここで育ち、親に愛されて育った事を知る。楓の名前はこの駅から取ったのだ。駅のプラットフォームに楓と北浦がたたずむ。北浦の告白。そして二人は手をつないだ。
「いつとても 恋しからずはあらねども 秋の夕べは あやしかりけり」
新たなジャンルに挑戦した暫定管理人による、せつなく叙情的な秀作。

2001年冬のシネポリ 準グランプリ受賞



ザ・ポテトチップス

 テンションの高い奇妙な青年はJリーグチップスのカードを集めている。しかし中から出てくるのはカードは・・・。爆笑短編コメディ。

2002年


THE BOSS

紹介文考案中

02年冬のシネポリ 準グランプリ作品

Chapter4

『3』で殺された男の弟が故郷に戻ってきた。
男Aは弟に最近出没して組織員を殺害している謎の仮面の男の存在を告げ、殺しの依頼をする。
弟は拒む。故郷に戻ってきたのは、男Aに、そして兄との思い出に別れを告げ、新たな人生を歩むためだったのだ。
 ボロボロの生家を訪れた弟は、兄の写真に火をつけ、感慨に耽っていると、仮面の男が現れる。
銃を構えるが意味を成さず、呆然とする弟に仮面の男は何かをささやく。
 故郷を去ろうと駅にいる弟を男Aが強引に引き止めようとしている時、再び仮面の男が現れた・・・

02年冬のシネポリ 出品作品





Back